銀行のクレジットカードのメリットって?

銀行のクレジットカードを持っているとどんな良いことがあるのか

クレジットカードにも実に様々な種類がありますね。その中でも、敷居が高いと思われているのが、銀行のクレジットカードです。でも、なぜ銀行のクレジットカードが敷居が高く感じられるのでしょうか。持っていると、どんなメリットがあるのでしょうか。

銀行のクレジットカードとは!

クレジットカードは、デパート・家電量販店・大手スーパーマーケット・ガソリンスタンドなど、私たちの生活に密着したお店で申し込み・利用することができます。どのお店のどのカードを作るかで、サービスも年会費も異なりますし、迷ってしまう人も多いことでしょう。

そんな中で、誰もが持っているクレジットカードというイメージがあるのが、銀行のクレジットカードです。銀行といえば、お金に直接関わるところですから、クレジットカードが一番“似合う”ところかもしれません。

銀行のクレジットカードの特徴

銀行のクレジットカードは、「キャッシュカード」と「クレジットカード」が一体となっているものと、クレジットカードだけのものがあります。また、電車のプリペイドカード機能も付いているものもあります。他にも様々な特典がついています。

また、銀行のクレジットカードは、ふつうは年会費がかかります他のクレジットカードに比べて年会費は高額なことが多いです。しかし、家族も無料で使えたり、ATMが手数料無料で使えたりする上に、年間利用料が一定の額を超えると年会費が無料になるなどのサービスもあるため、高額な年会費は結局安いと感じる人も多いようです。

銀行のクレジットカードはなぜ多くの人が持っているの?

キャッシュカードとクレジットカードが一体になっているのは銀行ならではの納得できるサービスですが、他の特典や機能は、正直、他の会社のクレジットカードでもじゅうぶんに利用することができるのです。

それでは、多くの人が銀行のクレジットカードを利用する理由はなんなのでしょうか。銀行のクレジットカードを持っていると、銀行からの信頼が上がります。大切なお客様になるということなのですね。

銀行は、私たちが高額な買い物をしたり、大切なお金を預けて増やしたりする、切っても切り離せないところです。ですから、銀行と仲良くしておいて損することはありません。実際に、クレジットカードを持っていれば、住宅ローンの金利が優遇されたり、定期の金利が優遇されたりします。住宅ローンを利用したいあなたは、とても安心なサービスですよね。

ですから、多くの人は銀行のクレジットカードを持つのです。お金のない社会はあり得ないからこその理由でしょう。また、銀行に口座を開設するときに、必ずといっていいほどクレジットカードをオススメされるものです。そのときに断りきれず申し込むという人が多いというのも事実なようです。