あなたのカードのセキュリティコードはこれ

クレジットカードのセキュリティコードがわからない時すぐ調べる方法

あなたは、お持ちのクレジットカードの「セキュリティコード」は何かご存知ですか?セキュリティコードが必要なときに一発で調べる方法をご紹介します。

どんな時にセキュリティコードが必要?

インターネットでのショッピングや、電子マネーのチャージを行うときに、とつぜん表示されるナゾの言葉。「セキュリティコードを入力してください」。なにそれ?と困ってしまう人も多いのではないでしょうか。

そもそも、セキュリティコードとは、あなたが犯罪被害にあわないためにあるものです。実際にクレジットカードは失くしていなくても、クレジットカードの番号が他人に知られてしまって、悪用されたという話は後を立ちませんよね。

しかし、セキュリティコードは、クレジットカードが手元にないとわからない番号のため、カード番号を知られてしまったというだけでは悪用される可能性が低くなるのです。

とはいうものの、セキュリティコードが絶対になくては買い物できないというわけでもないので、そこまでの犯罪防止策にはなっていないという説もあるのですが・・・。

セキュリティコードを知るにはどこを見ればいいの?

肝心のセキュリティコード。さて、どこから調べればよいのでしょうか。「なんだ、こんなことか!」と拍子抜けしてしまいそうですが、カードの裏を見れば一発でわかるのがセキュリティコードなのです。

カードの裏には署名欄がありますよね。その上に、数字が並んでいます。それがセキュリティコードです。ただし、並んでいる数字の数は、クレジットカード会社によって違います。どのカードでも共通しているのは、並んでいる数字の「右三桁」です。とにかく“3桁”というふうに覚えておいてくださいね。

ただし、アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)だけは、「4桁」なので注意が必要です。また、カード裏ではなく表面です。紛らわしいですが、よく覚えておいた方がよさそうです。