前払い式のクレジットカードなんてあるの?

えっ?!前払いなのに「クレジット」カード?知って得!カードの種類

クレジットカードなのに「前払い」?どういうことなのでしょうか。そもそもクレジットカードとはどんなものなのかも見ていきましょう。

クレジットカードは基本的に「後払い」

クレジットカードのメリットはいろいろとありますが、そのひとつには、「先に商品が手に入り、後からお金を払えばいい」ということがあります。

たとえば、あなたがどうしても欲しい一点物の家具があったとしますよね。結構高級なので、今の手持ちのお金では苦しい・・・。でも、お給料が入ってから買うのでは、誰かに買われてしまうかもしれない!

と、そんなときに、クレジットカードがあれば、カード一枚でその家具を買うことができるのです。支払いは、決められた日に、銀行口座から引き落としされるので、余裕があります。つまり、欲しいものがすぐに手に入って、後からお金を払えばいいというメリットがあるのです。

前払いのカードって?

クレジットカードは今見たとおり後払いですよね。それでは、前払いのカードはないのでしょうか。前払いのカードには、「プリペイドカード」や「デビットカード」などがあります。先にカードに入金して、その分だけ買い物を楽しめるというカードです。

たとえば、10,000円カードに入金します。そのカードを持っていれば、現金がなくても、10,000円分はいろいろと買い物ができるというカードです。

この前払い式のカードは、クレジットカードとはいえません。クレジットカードは後払いだからこそクレジットカードなのです。

前払いなのにクレジット?そんなカードがあるの?

ところが、前払いのカードなのに、クレジットカードのように使えるカードがあるのです。スルガ銀行などで申し込めます。

特徴は、クレジットカード加盟店で、クレジットカードを使うように「カード一括払いで」とショッピングができることです。また、インターネットの買い物でクレジットカードの支払いしか選択できない場合、この前払い式のカードでもOKなのもうれしいですね。さらに、審査がなしで、誰でも利用できるというのもメリットです。

しかし、分割払いやボーナス払いはできません。それはクレジットカードの専売です。また、入金した分しか使えません。前払い式のカードは、必要に応じて使えば、便利なものとして活躍してくれることでしょう。